猫がぴったり収まるIKEAのワゴン

IKEAのワゴンにぴったり収まって寝てるムク(シャムトラ猫)。

これ、IKEAのRÅSKOG(ロースコグ)っていうワゴンなんですが、あまりにも猫たちが気に入ってるので一番上の段は猫様専用の寝床になっちゃってます。

猫の寝床にちょうどいいIKEAのワゴン。

狭すぎず広すぎず、安心できるフィット感。

ワゴンのふちに頭を乗せているムク(シャムトラ猫)。

ちょっとはみ出る時もあるけれど、

ムク(シャムトラ猫)の後頭部。

ふちの高さも頭を乗せるのにちょうどいいみたい。

IKEAのワゴンにみっちり収まっているテト(サバトラ猫)。

テトやんの巨体もなんとか無理やり収まってます。

満足げに寝ているテト(サバトラ猫)。

なんか…型に入った焼きたてのパウンドケーキみたいだな…。

小柄なジーナ(キジトラ猫)なら余裕のあるスペース。

ジーナちゃんだと結構余裕があります。

みっちみちでなくても居心地はいいようで、一番ここにいる率が高いのはジーナちゃんかも?

ひとつ上の写真と見比べていただくと、ふたりのボリュームの違いがよくわかりますね…。