我が家で使っている猫用お手入れブラシ5つ

短毛の猫といえど春~夏にかけての換毛期は被毛ケアが欠かせません。

そこで今日は、我が家の猫たちに使っているお手入れグッズをご紹介したいと思います。

ラバーブラシ

ラバーブラシでブラッシングされているキジトラ猫

おそらく一番ポピュラーなシリコン製のブラシ。

安価で手に入りやすく、抜け毛もたくさん取ってくれるおすすめの一品。大きいのや小さいのや、軍手みたいなやつなどバリエーションもいろいろ。

どの猫用ブラシを買えばいいのかわかんない!って人はとりあえずこれを試してみてはいかがでしょうか。

うちでも長らく愛用していました。次に紹介するピロコームが優秀すぎて今は出番が減っちゃいましたが…。

取れた毛

収穫した毛はこのようにペロッと剥がせます。

短毛用と長毛用があります。

ピロコーム

ピロコームでお腹をブラッシングされているサバトラ猫

プラスチック製で、軽くてすごく使いやすいブラシ。

猫の毛や皮膚に対する負担も少ないので、毎日のお手入れはこれ。

デリケートなところもブラッシングさせてくれる

撫でられているような感触なのか、ブラッシング嫌いなテトやんもこれだとわりとすんなりブラッシングさせてくれるんです!

(やりすぎると怒るけど)

取れた毛

ラバーブラシだとけっこう毛が飛び散っちゃうけど、ピロコームは抜け毛をしっかり絡め取って飛び散りを抑えてくれます。

顔や手が毛まみれにならないのでニンゲン側のストレスも少ない。

「やわらかめ」「かため」「ながめ」の3種類あります。短毛の猫なら「やわらかめ」、長毛なら「ながめ」、「かため」は犬用。

フーリー

床に置いたフーリーとシャムトラ猫

対アンダーコート専用毛刈り兵器。

毛刈りブラシはファーミネーターが有名ですが、フーリーもいいよ!

フーリーで猫の毛を刈ってるところ

やりすぎるとハゲてしまったり皮膚を傷めたりするので、ほどほどに…。

換毛期にだいたい週1~2くらいで様子を見ながら使ってます。

取れた毛と少しスッキリしたシャムトラ猫

使用後はスッキリサッパリ!ちょっとスリムになったように見えます。

▼購入した時の記事はこちら
ペット用毛取りブラシ「フーリー」を使ってみた

コーム

ステンレスのコームに鼻を寄せるシャムトラ猫

ステンレス製のコーム。

短毛猫だと毛がもつれることは滅多にないので使用頻度は少ないですが、まぁ1本持ってても損はないかと。

コームで猫を梳いているところ

フーリーを使ったあと体に残った抜け毛を取ったり、シャンプーの前後に毛並みを整えるのに使ったりします。

ツヤ出しブラシ

レデッカーの猫用ブラシ

人間用のブラシメーカーとして有名なレデッカーの猫用ブラシ。感触はちょっとかため。

抜け毛ケアというよりはゴミやホコリを取って毛艶を出すためのもので、ブラッシング後の仕上げとか、マッサージブラシとして使ってます。

ブラシを使っているところ

写真だとうまく伝わらないけど、これ使うと本当に毛並みがサラツヤになるんですよ!

ナイロン製のものより豚毛のほうがおすすめ。

ブラシ専用のリムーバー

ブラシに絡まった毛が取りにくいので、専用リムーバー(くまでみたいなやつ)を一緒に購入すると便利です。

以上、我が家で使っている猫用ブラシのご紹介でした。

「どんなブラシを買ったらいいかわからなくて迷ってる」「もう持ってるけど他のブラシも試してみたい」といった方の参考になれば嬉しいです。

逆に「これおすすめだよ!」っていうのもありましたら、ぜひ教えてください~。